子どもの身長を伸ばすならタンパク質は欠かせない!

子どもの身長を伸ばすならタンパク質は欠かせない!

 

私たち人間の身体を作っているのがタンパク質です。筋肉もそうですし、皮膚や髪の毛などは全てタンパク質で構成されています。必要なのは大人だけでなく、まだまだ身体の小さな子どもたちにも重要な栄養素です。

 

 

むしろ、これから身長を大きくして行かなければいけない子どもたちだからこそ、日々の食事の中からより多くのタンパク質を摂取して行く事が好ましいんです。

 

 

そこで、このページでは子どもは一体どれぐらいのタンパク質の量を摂って行けば良いのか、また足りない時はどうすれば良いのかについてご紹介をして行きます。

 

必要なタンパク質の量は?

 

タンパク質の摂取量は、今お子さんがどれぐらいの年齢であるかによって多少変わってきます。
以下に表をまとめてみましたので、1日の食事できちんと補えているかどうか確認をしてみて下さい。

 

3〜5歳

男性:15〜20g

女性:15〜20g

6〜7歳

男性:20〜25g

女性:20〜25g

8〜9歳

男性:35〜40g

女性:30〜40g

10〜11歳

男性:40〜50g

女性:40〜50g

12〜14歳

男性:50〜60g

女性:45〜55g

15〜17歳

男性:50〜65g

女性:45〜55g

 

これだけのタンパク質の量が毎日必要になってくる訳ですね。ただ、これは厚生労働省が出した「日本人の食事摂取基準(2015年版)」のデータになるのですが、必ずしもこれが正確であるとは言えません。

 

 

例えば身長や体重が大きい子であればもう少し量を摂らなければいけませんし、また、スポーツをやっている子どももより多くのタンパク質を摂る必要があります。

 

 

日々の激しいトレーニングで、筋肉が酷使されていると、それを修復するために必要な材料がタンパク質になるためです。

 

 

どんな食材から補うべきか?

 

タンパク質を多く含む食材は色々あります。牛肉・豚肉・鶏肉と言ったお肉はもちろんですし、お魚などもタンパク質含有量は優秀です。

 

 

このように動物性のタンパク質は筋肉を強くさせてくれる効果がありますが、忘れてはいけないのが大豆やブロッコリーなどの植物性タンパク質です。

 

 

タンパク質は分解をされるとアミノ酸と言う成分になるのですが、このアミノ酸にはバリン・ロイシン・イソロイシンと言ったBCAAや、グルタミンやアルギニンなどの色々な種類に分解されます。

 

 

好き嫌いは良くありません

 

そのため、牛肉が大好きだから牛肉しか食べない、逆に豆を使った料理は苦手だから豆類は食べさせないようにしている、と言うのは、子どもの身長を伸ばす上では大きな妨げとなってしまう可能性があります。

 

 

大切なのは、あらゆる食材からバランス良くタンパク質を摂る事。これによってアミノ酸バランスも均等に保たれるため、成長はもちろんの事、スポーツのパフォーマンスアップにも繋がりやすくなるんです。

 

 

毎日のメニューに変化を付ける

 

私の家庭でも、毎日メインとなるタンパク質は違う食材になるように変化を付けています。

 

 

例えば今日牛肉であれば、明日はマグロを使ったステーキにする、昼の食事は少しタンパク質が少なかったから、夜はなるべく多めに摂ろうと言った工夫をしていますよ。

 

 

毎日色んなバリエーションの料理を作って上げる事で、子どもたちも飽きずに毎食ペロッとお皿を空けてくれるんです!

 

脂を多く含む食べ物に注意

 

ただし、タンパク質を多く含んでいるのであれば、何でもかんでも料理に出せば良いと言う訳ではありません。お肉はタンパク質の宝庫ですが、同時に脂質も多く含まれている食材になります。

 

 

子どもを大きくさせて行きたいと言ってもそれは縦に伸ばしたいのであって、脂肪を付けて横に大きくしたい訳ではありませんよね。相撲やアメフトの選手を育てていくのであれば話しは別ですが・・・!

 

 

ちなみにですが、幼少期に過度の肥満になってしまいますと、大人になってから痩せにくい体質になってしまうばかりでなく、脂肪細胞から分泌されるホルモンの働きによって身長の伸びが妨げられてしまいますのでお気を付けください。

 

 

脂は出来る限り取り除く

 

子どもをあまり太らせたくない、或いは既に太っているので脂肪を落とすための食事をさせてあげたい、とお考えであれば、お肉を使った料理をする時には、無駄な脂肪を取り除いてあげる工夫も大切です。

 

 

お肉にはタンパク質が詰まった身の部分と、脂肪しか含まれていない脂身の2種類があります。脂身は旨みが詰まっていて美味しい部分でもありますが、タンパク質はほぼ含まれておらず脂質中心ですので、なるべく取り除いてあげて下さいね。

 

 

たまーに食べると美味しいですが、量は少ないと言えど脂質1gのカロリーは9kcalもあります。脂質も大切ですが、動物性の脂質はあまり健康には良くありませんので、子どもにとってもおすすめ出来ません。

 

 

調理法にも工夫を!

 

また脂肪を取り除いてあげるだけでなく、調理法を1つ変えるだけでも脂質を極力抑える事が出来ます。例えば、揚げ物とサッと蒸しただけのお肉、どちらの方がカロリーが低いのかは一目瞭然ですよね。

 

 

カロリーが多い順に、揚げる>焼く>煮る>蒸すとなります。揚げ物や焼いたお肉などは味付けも濃く子どもも大好物ですが、1日の総摂取カロリーや脂質の事までを考えるのであれば、なるべく煮たり蒸したりを中心とした食事を心がけて行くのも良いかもしれませんね。

 

 

油もなるべくカロリーがカットされたものを選ぶ、フライパンに敷く油の量をいつもより少なくしてみる、と言う工夫も大切です。

 

 

タンパク質が不足するとどうなるか?

 

 

身長を伸ばしていくために重要な役割を果たすタンパク質ですが、その摂取量が少なくなってしまうとどんな悪影響が生じるのでしょうか?

 

 

1.身長が伸び辛くなる

 

まず、1番の悪影響はこれです。成長期にタンパク質が極端に不足をしてしまうと、本来伸びるべきはずの身長が止まってしまう場合があります。

 

 

身長が伸びる=骨が伸びる訳ですが、実はこの骨の成長に関与している栄養素が何を隠そうタンパク質なんですね。一般的には、骨と言うとカルシウムと言う印象が強いですが、カルシウムは骨の強度を高めて丈夫にしてくれる働きがあるだけで、身長を伸ばしていく作用がある訳ではありません。

 

 

骨を伸ばす作用を持つのがタンパク質やコラーゲンと言った成分なんです。これ、大人でも意外と知らない方が多い雑学でもあるんです。私もこれを始めて知った時は驚いてしまったのを今でも覚えています。

 

 

2.スポーツに悪影響が出る場合も

 

先ほどにも軽く触れましたが、サッカーや柔道と言った身体を大きく動かすスポーツに取り組んでいる子どもの場合、タンパク質は何もしていない子よりもたくさん摂取して行く必要があります。

 

 

身体を酷使しているにも関わらず、タンパク質の量が足りていないと「カタボリック」と言われる、筋肉を分解してエネルギーに変える働きが起きてしまうんですね。そのため、食べているにも関わらず脂肪はおろか筋肉すら付いていない、いわゆるガリガリな体型になってしまう場合も多いんです。

 

 

筋肉はあらゆるスポーツにおいて重要な役割を果たしてくれます。スポーツの種類にもよりますが、当然適度に発達している筋肉を持った選手の方が、パフォーマンス能力は高くなると言えるでしょう。

 

 

筋肉が衰えているようでは、筋力はおろか、筋持久力ですら発揮出来ない場合もあります。食べても食べても痩せて行く我が子、それはもしかしたらタンパク質が不足している事が原因かもしれません。

 

 

プロテインを使ってみても良い

 

基本的には、お肉やお魚のような動物性タンパク質が嫌いで食べられない子以外は、普通の食生活を送っていたらタンパク質不足になる事はほぼ無いと言えます。

 

 

ただし、これはスポーツに取り組んでいない子どもの場合です。毎日のように部活やスポーツクラブで汗を流している子どもは、普通の食事だけでは慢性的にタンパク質不足になってしまい、身長にも大きな影響をもたらしてしまう可能性があります。

 

 

そんな時にはプロテインを使ってタンパク質を効率良く補ってみるのも1つの作戦です。プロテイン=怪しい粉なイメージがありますが、実際にはタンパク質のサプリメントですので、子どもが飲んでも大丈夫なものです。

 

 

一般的なプロテインに加え、今では子どもが飲みやすいようにとジュニアプロテインも多く出回っています。1回分でかなりの量のタンパク質を補給出来ますので、食事と食事の間、トレーニング後、寝る前に飲むのがおすすめです。

 

 

スポーツをやっている子は身体が命!タンパク質は欠かさないように摂らせて上げて下さいね。